ホームレスになった時にする手続き【家なし経験者が語る】

貧乏得太郎

どうも!借金500万円ホームレス!貧乏得太郎です!

こんにちは。

現在ホームレスをしております。

関連記事

貧乏得太郎 どうも!借金500万円ホームレス!貧乏得太郎です! こんにちは。 僕は現在ホームレスをしています。 家がないんです。 主に外に暮らしながら、友人宅を転々とする毎日。  […]

IMG

もしかしたらあなたも

今後ホームレスになるかもしれません。

今は大企業に勤めていてもリストラされる時代…

日本経済を不況が襲うたび、企業は“社員の血”を流して窮地を脱してきた。だが、そうしたリストラが奏功したかどうかについて、「長期的視点での検証」はなされていない。日本型企業の最大の特性でもあった「終身雇用」が揺らいでいる中で、今後“人減らし経営”はさらに加速していくものと見られている。
Newsポスト新聞「ソニー、東芝、日本航空、東京電力 リストラ後の経営評価は」より引用

老後の年金受給も不透明、前回不況を引き起こした消費税8%が10%に、そして不況からの企業の人減らし&終身雇用終了。

日本がオワコン化している世の中で、あなたが明日クビにならない可能性は100%ではありません。

僕みたいに能動的にホームレスになる人間もいれば、突然社会からつまみ出される可能性も0ではないです。

明日は我が身です。明日はホームレスです。

という訳で今回はあなたが明日ホームレスになったらどんな手続きをすれば良いのかを現役ホームレスが解説していきたいと思います。

ホームレスになった時にする手続き【家なし経験者が語る】

ホームレスになった時にする手続き【家なし経験者が語る】

ホームレスになった時の手続きは、当たり前ですがその人の状況で全く違ってきます。

会社を辞めてホームレスになったのと、僕の様に個人都合でホームレスになったのでは受けられる保証が違うので一応2つをカバーした形で紹介していきます。

先に言っておくと僕の様にホームレスになった人が受けられる保証はかなり少ないです笑

ホームレスがすべき手続き①郵便物の転送手続き

まず第一にホームレスになると、次の人が住んでいるあなたの家に荷物や手紙が送られてしまう状況が発生します。

これを防ぐ為に、「郵便局」と「ヤマト運輸」に転送届けを提出して下さい。

転送届けを提出する事で、あなたの荷物を転送設定先に届くように出来ます。

ですが家がないので転送先は実家か、信頼出来る友達の家にすると安心です。

手続き開始に1週間近くかかる事があるのでお早めに。

どうしても住所を借りる相手がいないのであれば、レンタルオフィスを契約してそこに届ける方法もありますが、レンタルオフィスを借りるなら家借りれるでしょ!って感じです。

ホームレスがすべき手続き②転出届け&転入届けを作成

もしあなたが今の住居とは違う地域に長期居候する場合は、転出届けを作成しておくと公的手続きを受ける上でめんどくさい事にならずにすみます。

まあ、仮に神奈川に移住しても住んでた地域の市役所に戻って申請すれば良いんですけどね。

ですが前住所に別の人が引っ越してきた時に、色々おかしくなりそうなので転出届けの作成&転入届けの提出をオススメします。

僕は転出届け(この街から出てきますよという書類)を東京で作成して実家で転入届け(これからこの街に住みますよという書類)を提出しているので大丈夫ですが、もし手続きを行なっていない事がバレると罰金5万円を払う事になる様です。

行政罰(道路交通法違反の減点と同じ位置付け)である「過料(かりょう)」が課される恐れがあり、最高額は5万円になります。
住民票ガイド「Q.住民票の移動(異動)が遅れた場合、罰則がありますか。」より引用

貧乏父さん
今こんな金額請求されたら破産するな 笑

ホームレスがすべき手続き③国民年金免除

失業によりホームレスになった場合も金銭関係でホームレスになった人も市役所で国民年金の免除申請を行いましょう。

免除には減額と全額免除があります。
失業であればほぼ間違いなく全額免除されます。※経験談
そして金銭的理由だと預金通帳などの経済状況を説明して、見込み収益などを記載、そこからの審査で決まります。
何割免除かは自分ではコントロール不可能なので、とりあえず「全額免除」で申請して返答を待ちましょう。

今期の国民年金支払い額は月額16,410円なので全額免除が通れば単純に、毎月16,000円の余裕が出来ます。

国保は支払う事で節税も可能なので払った方が良い事は分かってるんですが、我々ホームレス貧乏は未来より今なので払える金がないのです…

支払わない事で年金受給額は減りますが僕は「どうせ貰えないなら支払わなくて良いでしょ」スタンスです。※自己責任で
また10年以内に追納して年金受給額を増やす事も出来るので、最終的に支払うかどうか迷う猶予は10年間存在します。

ホームレスがすべき手続き④国民健康保険と住民税免除・減額【離職者限定】

健康保険と住民税免除と減額は、失業したばかりで離職票がある場合のみ相談に乗ってくれます。

実際に僕が会社辞めたての時は、市役所で手続きして健康保険が全額免除、住民税が一部免除になりました。

これは離職者限定の恩恵です。

僕はホームレスになった最近、全額免除申請をする為市役所に殴り込みました。

めちゃくちゃクレーマー並みに食い下がって交渉をしましたが、国民健康保険&住民税のどちらも一円足りとも減額出来ませんでした。

超塩対応で追い払われます。

減額は不可能ですが分納という形で、支払い回数を分けて負担を減らす事は可能です。

ホームレスがすべき手続き⑤住居確保給付金の申請

家賃を滞納して家を追い出されたり、経済的な理由で支払いが困難な人への制度です。

最長期間は9か月間で、超まともに働く意思のある人が区役所で申請すると通る場合があります。

条件は以下の様な感じ。

(1) 生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援事業をあわせて利用する必要があります。
(2) 横浜市に居住もしくは居住する予定であり、申請時に次のいずれにも該当する方を支給対象者とします。
ア 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれがある。
イ 申請日において65歳未満であって、かつ離職した日または事業を廃止した日から起算して2年を経過していな
い。(離職時の雇用形態は問いません)
ウ 離職等の日において、自らの労働により賃金を得てその属する世帯の生計を主として維持していた。
(その後離婚等により申請時においては主たる生計維持者となっている場合も対象となります)
エ 申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計が、次の「収入基準額」
以下である。
横浜市「住居確保給付金」より引用

僕は就職もする気ないですし、活動はしている為事業廃止とは認識されないでしょうし無理ですね。

真面目に生きたいけど家賃が….という方は区役所へ相談してみてはいかがでしょうか?

ホームレスがすべき手続き⑥NPO法人のセカンドハーベストを申請

NPO法人のセカンドハーベストが、廃棄になる食材を集めて生活困窮者に配布するサービスを行なっています。

主な配布方法は以下の通り。

  1. パントリーピックアップ
  2. モバイルパントリー
  3. 配食サービス

③意外は基本的にパンや缶詰を配り、配食は既に調理済みの料理を提供してくれるそうです。

窓口に受け取りの申請を出して配給してもらう制度ですが、初回のみ事前予約もいらないケースも多いので受け取り希望の方は公式サイトをチェックしてみてください。

ホームレスがすべき手続き⑦職業訓練

失業後、全く違う業界につきたいけどスキルもなければお金もない場合は職業訓練を受ける事をおすすめします。

雇用保険の受給有無で、受けられる講座が違いますがWebデザインやプログラマー講座、簿記講座、話題のCADなど…勉強するにはお金の掛かるスキルが学べます。

失業したばかりのホームレスはとりあえずハローワークに助けを求めに行きましょう!

 

ホームレスがすべき手続き⑧生活保護申請

家がなくなって職までなくなったとなると、生活出来ませんよね。

生活出来ない=生活保護を想像すると思います。

あなたが以下の条件に当てハマるのであれば一度お近くの福祉事務所に相談してみると良いでしょう。

あなたの住んでる地域 福祉事務所」で検索すれば近くの申請先が出てくると思います。

  • 世帯収入が最低生活費(※2)以下
    ※2 最低生活費は、世帯人数・年齢・地域・子供の有無などによって変わります。たとえば、東京都23区にお住まいの成人以上の単身世帯の場合、最低生活費は12万~13万円です。
  • 預貯金・現金がほぼない
  • 土地・家・車などの資産がない(売却可能資産がない)
  • 借金がない
  • 援助してくれる身内(家族・親族)がいない
  • 病気などの理由があって働けない
  • ほかの公的制度の支援を受けられない(もしくは受けても足りない)
    生活保護を受けるには?申請の流れ・必要書類・申請時の注意点まとめより引用

僕は「借金がない」という条件で弾かれました。

借金があると家がなくてホームレスでも生活保護を受給出来ない様。

僕の知り合いの人も受給申請の話すら聞いてもらえなかったという話をしていたので、かなり厳しいかもしれませんが挑戦するだけ挑戦する事をオススメします。

家がなくなった時にする手続きは案外多い

以上が家がなくなった時にする手続きまとめでした。

いかがでしたでしょうか?

かなり作業量としては多い印象ですが、大半が市役所関係なので意外と1日で全部終わったりします。

正直やらなくても何とかなる手続きもありますが、最悪の事態になるとお金を余分に払ったりと損する事が多いので確実に手続きするようにしましょう。

特に税金関係は最悪財産を差し押さえられたり利息がえげつない事になったりして、さらに生活困窮するハメになるので絶対に免除手続きをしてください。

やり方が分からなければ市役所の人に聞けば丁寧に教えてくれます。

まあ

差し押さえる財産なければそれまでなんですけどね笑
貧乏父さん
いや!
マジで笑い事じゃねーからやっとけ!!!

と言うわけでみなさんもホームレスになった際は、ぜひこれらの手続き制度を利用して少しでも得をする様に生きてきましょう!

この記事はあくまで経験談に基づくまとめなので、他にもした方が良い手続きや修正点があればインスタのDMやコメントで教えてください。

わかり次第随時アップデートしていきます。

今日、ホームレスに戻ることにした

新品価格
¥1,320から
(2019/10/11 02:27時点)

>貧乏得太郎の私生活を公開中

貧乏得太郎の私生活を公開中

借金500万円の返済状況・当月請求額・キャッシング額や私生活の状況を発信中。 フォローしておくと人生頑張れるかも!?

CTR IMG